ささやまビーファーム

2018/11/19 の日記




第1話 「みなさん始めまして」の巻


★ もくじ ★━━━━━━━━━━━★

1.はじめまして
2.手作り石鹸を始めたきっかけ 

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★





1.はじめまして


始めまして。

兵庫県篠山市と加東市で、夫婦二人で細々と工房を営んでいる、ささやまビーファームと申します。
これから、週一回のペースでメルマガを発行していこうと思っております。
私は、妻の「まな」と申します。どうぞよろしくでございます。

ささやまビーファームは、夫が養蜂と木工芸品、私が化粧品の製造・製造販売。そして二人で精油の蒸留をしています。

精油を抽出したい思ったら、山にいってひのきや杉、クロモジなどを採ってそれを蒸留し、その精油を使って石鹸を作ります。夫は、暖かい季節には養蜂、冬の閑散期には木工芸品を作っています。

自然と共存したい、これをテーマに二人とも生きていますので、自然からいただく量は自分たちが必要としているだけにしています。

また、これからいろいろ書いていこうと思うのですが、たとえば「クロモジ」という木はとても成長が遅いので、一度にたくさん採ってしまうと、来年からはその山にはなくなってしまいます。だから乱獲はしないようにしています。

そうなると、おのずと生産量も限られてきます。

夫婦二人とも、とりあえずは生きていければいい、というスタンスでやっていますので、時々楽天で欲しい商品が売り切れとなってしまいます。そういう場合は気長にお待ちくださればと存じます。
また、そのうち販売が再開されます。

たとえば、夫が生産しているハチミツは、毎年5月あたりから出荷が始まるのですが、11月に入るといつも売り切れてしまいます。ですからもう今、ハチミツは売り切れ。また来年5月には販売再開いたします。

ささやまビーファームの「ビー」はミツバチさん、「ファーム」は農場なので、もともと当店は養蜂業がメインでした。ところが趣味が高じたり、私がこの生活を始めるまでが肌荒れがひどかったり、まあいろいろあって、あれもしたいこれもしたと手を出しているうちに、今の業態へと進化していきました。
これも、またゆっくりと説明していこうと思います。
では、これからもどうぞよろしくお願いします。




2.手作り石鹸を始めたきっかけ


私たち夫婦は、ここ篠山市に引っ越してくる前は、大阪の池田市というところにいました。
ダイハツ本社や大阪空港があるところです。

そこで新婚生活を始めたのですが、慣れない家事がようやく板についてきたころ、私の手に異変が起こります。
手が荒れて仕方なくなったのです。

冬にひび割れはよくあるのですが、暖かい季節でも常に手はカサカサで、いろんなところがささくれ立って、時には出血もします。痛くて食器も洗えない。
仕方ないから、ビニール手袋をして食器を洗うようのですが、手袋をすると食器がうまく洗えたかどうかが分かりづらく、急いでいる時もついつい素手で洗ってしまう。
するとたちまちにして、また手荒れがひどくなる。

皮膚科で保湿クリームをもらうのですが、それでも一向によくなりません。

私は、皮膚が弱すぎるんだと思い、食洗器を導入したらピタリと手荒れはなくなりました。それでも、たまには食器を手で洗います。するとやはり調子がよくない。

ある日「これって、私の皮膚よりも、食器用洗剤が原因じゃないかな」と思うに至ったのです。

それで、洗剤の成分などをいろいろ調べてみることにしました。
(続く)